健康的な口内環境を保つために

PR|銀座の男性専門脱毛エステ子供の集中力アップの秘訣脊椎管狭窄症は白石法で東京都の遺品整理にかかる費用

私は大阪の歯医者さんでインプラントと歯周病の治療をしたことにより歯のクリーニングをする機会や、口内のチェックをしてもらうことが増えました。自分でも自宅で健康な口内環境を保つために、歯医者さんに教えてもらった方法で歯磨きを丁寧に行うようになりました。

先生のお話では無意識に歯を磨いてしまうと、しっかり歯の汚れが落ちずに虫歯などの原因になってしまったり、歯肉炎を起こしたりしてしまうことが多いと言うお話でした。生涯自分の歯を使い健康的な口内環境を保つためには自宅でのケアが何よりも大切とのお話しでした。

まず、歯を磨くときは1つの歯に重点を置いて磨くことや力を強く入れて歯を磨いてしまうことで歯茎や歯を傷つけたりしてしまうことがあるので、無意識に何本もの歯を一気に磨いてしまうのではなく、歯の1本1本を丁寧に優しくブラッシングしていくことが良いと教えてくれました。簡単そうで難しく、少し時間はかかりますが磨き終わったときは、歯がつるつるとした感じになり口の中もスッキリしてとても気持ちが良く感じます。

また歯ブラシはまめに交換した方が良いそうで、汚れていたり歯ブラシが広がってきてしまったときに交換するのではなく、見た目にはまだ使えそうに見えても一ケ月に1度は交換してあげると良いそうです。

さらに先生にお話を聞くまでは、私は歯ブラシに歯磨き粉をつけた後に少し水で濡らしてから歯を磨いていたのですが、歯ブラシを濡らさないで磨いた方が口の中で歯磨き粉の流れを止めることができるそうで、それはとてもビックリなお話しでした。また定期的に歯ブラシで歯磨きをした後にデンタルフロスを使って、歯ブラシでは取りきれなかった歯と歯の間の歯垢や食べカスなどを除去することはとても大切なことだと教わりました。

歯磨きやデンタルフロスは普段からやっていたことではありましたが、歯磨きをするときに「意識して」歯を1本1本丁寧にブラッシングしてあげることで歯茎も引き締まり、口の中のスッキリ感も変わってきた気がします。また虫歯の心配も減ってくるので安心感も得られ、毎日の歯ブラシを丁寧にすることと、仕上げにデンタルフロスをすることはとても重要なのだとインプラントをきっかけに知りました。

PR|健康マニアによる無病ライフ工務店向け集客ノウハウ生命保険の選び方マッサージのリアル口コミ.comお家の見直ししま専科クレジットカードの即日発行じゃけん英会話ノウハウ勉強会