歯医者さん、治療しない時もありますよ!

銀歯を被せた所なんですが、大阪で歯周病治療なら減菌をしっかりと冷たいモノを飲むと中がチカッと痛みが走る位でした。

まぁ大丈夫だろう…と、誤魔化しごまかしで数週間放置していたら口が開け辛くなり飲んだり食べたりする事が困難になりました。

それでも歯医者さんが嫌いで暫く行かなかったら、

とうとう1cmすら開かなくなり、流石にマズいと思っ慌てて歯医者さんへ行く事になりました。日々のストレス+歯医者に行かないといけないというストレスにより、免疫力が落ちて普段やっつける事の出来る『口内菌』にやられてしまった。という結果でした。

その時虫歯もありましたが、

口が開かなくなった原因では無かったのです。

治療はせず、

抗生物質を3日間飲んでください。

そして、しっかり休んでください。

と、歯医者さんがアドバイスくれました。

虫歯を放置して口が開かなくなるって…

相当酷いんだなって、考えただけで怖かったのですが

行ってみたら痛い治療はせず、ビックリしました。歯医者さん、苦手ですか?

私は苦手です。

でも、どうしても行かないといけない日はいつか来ます。

放置し過ぎると大変な事になるかもしれません。

痛くない内に黄ばみを取るクリーニングや定期検査が1番だな。って。

その時に学びました。

前歯をホワイトニングしました

前歯は黄色になり、笑うと目立つのでコンプレックスを普段から感じていました。なので、笑う時は自然と手で隠すようになったり、あまり笑顔を作らないようにするなど、けっこう前歯が黄色ことで普段からストレスを感じていたので、前歯をホワイトニングすることにしました。

 

歯の象牙層が変色しているので、ホワイトニングのみでは対処できず、歯を少し削ってインプラントを行うなど、歯科医院でしっかりと治療方針を確認することができたので安心してお任せすることにしました。こちらは、長年通っている歯科医院なので、信頼できる先生ですし、やはり前歯が黄色ことでコンプレックスに感じていたこを色々と相談したので、対策が見つかってホッとしました。

 

ホワイトニングが保険適用外なので、自費になり費用に関してもきちんと説明がありました。まずは前歯のどの部分をホワイトニングするか話して、それから変色した部分を少し削ってインプラントすることになりました。